■ 書籍情報

書名 自己の臨床心理学3
【POD版】内観 理論と文化関連性
著者 村瀬孝雄
ジャンル 臨床心理学 ― その他
判型・頁数 A5判・350頁
本体価格 5,000円
税込価格 5,250円
刊行年月日 2007年1月20日
1996年1月20日
ISBNコード ISBN978-4-414-93004-7

解説 主として過去20年間に書きためてきた内観に関する論稿と、発達や児童に関するものを若干収める。著者は内観という現象の理論化の問題と内観からみた日本文化の研究について、現在の到達点を示すとともに、総合的な内観理論の構築を目指す。

目次 T 内観――概観と理論的問題
 1 内観療法
 2 積み意識と内観療法
 3 内観の日本的特質――罪責任と理論化をめぐって
 4 内観理論のための覚え書き
 5 内観研究の現状と課題
 6 体験過程、内観、フォーカスィング

U 内観と日本文化
 7 内観と日本文化
 8 精神医療にみられる日本的特性――内観療法に関連して
 9 内観療法と森田療法
 10 「母なるもの」との出会い
 11 素直――日本的心理療法における中心的価値
 12 内観の特殊性と普遍性

V 子どもの心の発達
 13 心の発達
 14 中学生の発達的人格変化――文章完成法による縦断的接近
 15 親子間の交流測定
 16 私の「國語元年」

関連書籍 【POD版】アイデンティティ論考 (自己の臨床心理学2)
異常心理学
内観法入門
【POD版】臨床心理学の原点 (自己の臨床心理学1)

[この書籍を注文する]     [誠信書房 トップページへ]
Copyright (c) Seishinshobo Publishers Co.Ltd, All Rights Reserved.