■ 書籍情報

書名 社会保障論概説[第2版]
編著者 一圓光彌
ジャンル 社会福祉
判型・頁数 A5判・224頁
本体価格 2,300円
税込価格 2,415円
刊行年月日 2011年3月1日
ISBNコード ISBN978-4-414-60148-0

解説 格差が広がる社会情勢のなか、リスクを未然に防ぐ社会保障の必要性は、ますます重要視されている。本書は社会保障の成り立ち・変遷・今後の展望を示し、社会保障とは何かをわかりやすく示す。今版は、特に制度改革の著しい労働保険、年金制度、医療保障、介護保険を大幅見直した。

目次 第1章 現代社会と社会保障
 第1節 社会保障の形成と社会保障理念の発展
 第2節 社会保障の概念と規模
 第3節 社会保障の役割と意義
 第4節 現代の社会保障の課題

第2章 社会保障制度の体系と各制度の概要
 第1節 社会保障制度の体系
 第2節 各制度の概要

第3章 労働保険
 第1節 雇用保険(失業保険)
 第2節 労働者災害補償保険(労災保険)

第4章 年金制度
 第1節 公的年金制度の仕組み
 第2節 日本の年金制度の歩み
 第3節 日本の年金制度の現状
 第4節 日本の年金制度の課題

第5章 医療保障制度
 第1節 医療保障の仕組み
 第2節 日本の医療保険制度の歩み
 第3節 日本の医療保険制度の現状
 第4節 日本の医療保険制度の課題

第6章 介護保険制度
 第1節 介護保険ができるまで
 第2節 介護保険の概要
 第3節 成立後の主な動き
 第4節 介護保険の課題

第7章 民間保険
 第1節 社会保障と民間保険
 第2節 民間保険の現状と課題
 第3節 民間保険の加入にあたって

第8章 社会保障の実施体制と専門職
 第1節 医療保険と年金保険の管理運営
 第2節 社会福祉の実施体制
 第3節 社会保障に関連する専門職

編著者紹介 いちえんみつや|関西大学政策創造学部教授

執筆者 岩崎利彦(皇學館大学非常勤講師)
萱沼美香(九州産業大学講師)
田畑雄紀(関西大学非常勤講師)
寺本尚美(梅花女子大学准教授)
徳常泰之(関西大学准教授)
吉田しおり(龍谷大学短期大学部講師)

[この書籍を注文する]     [誠信書房 トップページへ]
Copyright (c) Seishinshobo Publishers Co.Ltd, All Rights Reserved.