■ 書籍情報

書名 構成的グループ・エンカウンターと教育分析
編著者 國分康孝・國分久子・片野智治
ジャンル カウンセリング
判型・頁数 四六判・204頁
本体価格 2,100円
税込価格 2,205円
刊行年月日 2006年4月25日
ISBNコード ISBN978-4-414-40362-6
旧ISBNコード ISBN4-414-40362-6

解説 カウンセラーや教師など、いわゆる援助職のひとが偏りのない援助を行うには、自分の性格やコンプレックスを知るための教育分析(=自己理解)が必要となる。本書では「構成的グループ・エンカウンター」を教育分析へ活用した、短期間で効果的な自己理解のしかたを解説する。

目次 第1章 構成的グループ・エンカウンターと教育分析
 1 教育分析の必要性
 2 構成的グループ・エンカウンターによる教育分析の特徴
 3 構成的グループ・エンカウンターのリーダーの教育分析者としての資質

第2章 構成的グループ・エンカウンターの理論――教育分析のフレーム
 1 構成的グループ・エンカウンター理論前史
 2 構成的グループ・エンカウンター理論構成の視点
 3 構成的グループ・エンカウンターの人間観
 4 性格・行動変容論
 5 エティオロジー
 6 構成的グループ・エンカウンターの目標論
 7 構成的グループ・エンカウンターのリーダーの役割
 8 構成的グループ・エンカウンターのメンバーの役割
 9 構成的グループ・エンカウンターの限界
 10 構成的グループ・エンカウンターのメンバーの課題

第3章 日本における構成的グループ・エンカウンター
 1 構成的グループ・エンカウンターの源流:エスリン研究所
 2 「國分」構成的グループ・エンカウンター
 3 國分エンカウンターの原理と進め方

第4章 構成的グループ・エンカウンターによる教育分析の実際
 体験1 ペンネームで動けなくなった私
 体験2 本流の構成的グループ・エンカウンターへの想い
 体験3 教育分析としての構成的グループ・エンカウンター体験
 体験4 解釈からフィードバックへ――自己発見の方法
 体験5 アグレッションの抑圧
 体験6 ACからFCへ
 体験7 仏になりたかった教師
 体験8 自己を見つめ、生きる意欲を与える構成的グループ・エンカウンター
 体験9 自分に向き合って生きていく勇気
 体験10 イラショナル・ビリーフからの脱却
 体験11 無難な人づき合いからの解放
 体験12 失恋恐怖への気づき
 体験13 心に響いた内観
 体験14 サポートによる自己肯定感の高揚
 体験15 人生の主人公
 体験16 居直る勇気
 体験17 構成的グループ・エンカウンターと自己開示
 体験18 ナーシズムの生かし方

編著者紹介 こくぶやすたか|東京成徳大学副学長
こくぶひさこ|青森明の星短期大学客員教授
かたのちはる|跡見学園女子大学教授

執筆者 朝倉一隆・朝日朋子・阿部明美・阿部千春・大友秀人・鹿嶋真弓・片野智治・岸田幸弘・佐藤節子・瀬尾尚隆・田島 聡・中井克佳・原田友毛子・別所靖子・村田巳智子・森 憲治・吉田隆江・米田 薫

関連書籍 エンカウンター
カウンセリング 今これから
カウンセリングQ&A1
カウンセリングQ&A2
カウンセリングQ&A3
カウンセリング教授法
カウンセリング辞典
カウンセリング心理学事典
カウンセリングと精神分析
カウンセリング・トピックス100
カウンセリングの技法
カウンセリングの原理
カウンセラーのための6章
カウンセリングの理論
カウンセリング・マインド
カウンセリング・リサーチ入門
カウンセリング・ワークブック
学校カウンセリングの基本問題
クライシス・カウンセリング ハンドブック
構成的グループ・エンカウンター
続 構成的グループ・エンカウンター
構成的グループ・エンカウンターの原理と進め方
自己分析 (ホーナイ全集4)
自己分析[新装版]
授業に生かすカウンセリング
保健室からの登校
論理療法の理論と実際

[この書籍を注文する]     [誠信書房 トップページへ]
Copyright (c) Seishinshobo Publishers Co.Ltd, All Rights Reserved.