■ 書籍情報

書名 TAT―絵解き試しの人間関係論
著者 鈴木睦夫
ジャンル 臨床心理学 ― アセスメント
判型・頁数 四六判・218頁
本体価格 2,200円
税込価格 2,310円
刊行年月日 2002年6月28日
ISBNコード ISBN978-4-414-40354-1
旧ISBNコード ISBN4-414-40354-5

解説 「絵を見て物語を作るとはどういうことか」。それがどういう心のプロセスであって、パーソナリティ・テストであり得る根拠は何か。絵解き試しからTATへ導かれる過程を書くことによって、人間の心の動きについての洞察に至る書。これからTATやロールシャッハなどのテストを学ぼうとする人のための入門書。

目次 1 物語分析の実際
 1 物語作りのすすめ
 2 絵Tの物語の分析 
 3 絵Uの物語の分析
 4 物語作りのプロセスと物語解きのプロセス

2 物語作りの基礎
 1 人間の本性としての物語作り
 2 現実の人やものとのかかわり
 3 TATにおける物語分析・解釈の基礎
 4 TATの物語と物語一般との関連性

3 TATとロールシャッハ・テスト
 1 事例F
 2 事例G
 3 TATとロールシャッハ・テストの違い

著者紹介 すずきむつお|中京大学心理学部教授

関連書籍 TATの世界
TATパーソナリティ

[この書籍を注文する]     [誠信書房 トップページへ]
Copyright (c) Seishinshobo Publishers Co.Ltd, All Rights Reserved.